深い沼

たまにうそをつく日記

心地よいシンプルな暮らしのために

 

元々私は、部屋を片付けられない女だった。

実家時代はともかくとして大学時代はえらいことになっていた。

それがまあ大人になり、断捨理の本を読んだり、家族に何度もなんども尻を叩かれたり、そういうことの繰り返しで、まあどうにか一般家庭なみにはお部屋が片付くようになってきた。

我ながら人は大人になってからでも成長するのだと感心しきることであるが、

それにしてもいくら部屋が片付いたところで、モノの量が減ったところで

ある一定ライン以上、どうしても部屋が居心地よくならない。

モノの量が減った、とはいえ、元々物欲のえらいこと強い女である。

服も、推しのDVDも、本もマンガもそこそこある。いや、天井まである本棚いっぱいある。

その他キッチングッズやら、食料品やら調味料やら料理本やらやらやら、まあ結局そこまで物の数は少なくない。「ミニマリスト」の人のお部屋に憧れはあるものの、トランク一つどころに荷物がまとまることは多分一生ないだろう。

 

だから、ずっと「モノの量」が問題なんだと思ってきた。

それで、断捨理しなきゃしなきゃとプレッシャーに感じて、捨てようと格闘をつづけてきた。でも推しのものは捨てられないじゃない。見てると幸せになるものじゃない。無理じゃない。そんな簡単に手放せるなら推してない。恋ではないけれど、恋に限りなく近い量の執着してるから推しなのだもの。

その他、料理はそこそこするし、ファッションは日々の楽しみだし、おたくはうるおいだし、人より趣味の多い自分にはモノの量はそこそこ多い。

結果として、捨てられない自分にずっと落胆し続ける日々を送ってきたのだけれど、

最近唐突に、問題はモノの量ではないんじゃないかと思うようになってきた。

 

ぐるっと部屋を見渡す。

ピンク色の物干しハンガーは一つ欠けてる。

めったに使わないコピー用紙や封筒が目に入る場所に置いてある。

髪をとくブラシは汚れてるし、おしゃれとは程遠いデザイン。

使ってるシャンプーやハンドソープや調味料はどれもド派手なパッケージデザインスーパーで買ったものたち。

どれもこれもお気に入りじゃない。適当に値段で選んだものばかり。

良く考えれば私はおたく的な「情報」にはお金をかけてきたけれど、

普段使う生活用品に、まったく頓着しない人間だった。安物で、100均こそ使わないけど、そこらのスーパーで買ったものばかりで暮らしてきた。

とにかくこの部屋は、情報量が多すぎる。色も、文字も、洪水のようにあふれてる。

そしてその一つ一つが小さいストレスになってる。

 

もしかしたら、うちをこれ以上居心地良くするために必要なのはモノの数を減らすことではなくて、目に入る情報量を減らすことなのかもしれない。

色合いを統一したり、シンプルなパッケージのお気に入りのデザインのものを選んだり、頻度の低いものはきちんと見えないところに収納したり。

今まで「捨てる」にばかり意識がいっていたけれど、そうじゃなくて

「収納」と「厳選したシンプルなデザイン・色のものを買う」

ということを、今年はしっかり考えたほうがいいのかな。

とはいえ、すべてをがらっと買い替えられるほどの財力はないし、壊れてないものを買い替えて捨ててしまうのはもったいないおばけがでるので、

少しずつ、少しずつ、買い替える時にきちんと選ぶことをはじめてみようと思う。

 

まず最初の一歩として、切れかけてたハンドソープと洗顔料のかわりに松山油脂というメーカーのものを買ってみた。顔にも使えるものだから、まとめてひとつですむしパッケージかわいくて、見るたびにちょっと楽しい。詰め替え用もあるし。

もしこの香りに飽きたら、普通にパッケージだけ残して他の物入れてもよさそうだな。

hands.net

 

少しずつこういうもので部屋が満たされていけば

いつかは心地いい我が家ができあがるのかな。

 

 

 

『ウズベキスタン日記』 高山なおみ 読了

 

このブログをはじめるきっかけにもなった高山なおみさんの『ウズベキスタン日記』読了。

この方の本は遠い遠い昔に一冊読んだことがあったきりだけど、たまたまロシアについて知りたいなと『ロシア日記』を手に取ったのがきっかけでの今回の続編だったけれど、どちらもとてもよかった。

特に今回のウズベキスタン日記は、旅人としてめまぐるしく通り過ぎるだけではなく、人と人との大切な交流を描いている分より心に残った。

行ったことのない街の風景や、食事なのに、きれいな表現を読み込んでいるうちに、見えてくる、舌に味がのる様な気がしてくる。

 

私も、通り過ぎるだけではない旅がしたいなと思う。

これって、誰と行くかが大切になりそう。

一人旅もいいけれど、あまりに新しい経験をするには一人は孤独で怖いから、人といるくらいがちょっとバカなこともする勇気が出たりしてちょうど良い時もある。

価値観をすり合わせるのには、この本を読んでもらって、この感覚が分かる人を選んだらよいのかな。

人が生きている、ということの本質がここにあるような気がする。

最近心と体に贅肉ばかりついてちっとも純粋にまっすぐに生きられていない私は反省もした。

大声で笑って、時には怒って、手を抜かずに毎日仕事や家事をして、丁寧に味わってごはんを食べるような人というのは、目指している「大人の女性」の姿かもしれない。

 

 

次は『犬が星見た』を読んでみようと思ってぽちり。

旅に出るお金がたまるまでは、本の中での旅を続けようと思う。

 

 

 

カールを一人で一袋食べてしまう女をやめたい

大人の女になりたい。

子供の頃、大人になったらこうなるんだという大人の段階をすっとばして、一足お先におばさんになりかけている。

「〇〇女子」なんてワードはもう必要ないけれど、せめて「女性」でありたい。

ハイヒールの似合う、豊満でもいいけれど張りがあり体にくびれのある、真っ赤なルージュなんか引いてみたりする。バーのカウンターできょどらない。

そのようなものに私はなりたい。

と思ったりなんかして、珍しく自己啓発本なんか読みはじめてみたけれど

それよりなにより。

まずは、今日ぺろりとたいらげてしまったカール一袋の反省からスタートしたい。

ポテトチップスは半分で我慢できる。かっぱえびせんも最近止められるようになった。

でもカールだけはだめだ。カールだけは止まらない。

うすしお味でもチーズ味でもどちらでも止まらない。

いやまず、スナック菓子を食べること自体を止めるべきだという世間の声はまあまあ今はとにかく置いておくこととしましょうよ、千里の道は一歩から進めないとストレスが高じて発狂してカール一袋食べる羽目になるんですよ。

 

カールは、人といる時に食べるようにしようと心に決めた冬。

せめてもと思い、スクワットなどするものなり。

 

 

東京行ってきた

 

結局当日は雪がやばかろうということで前日に新幹線に飛び乗って東京まで行ってきた。

充実。圧倒的充実……!

予定より一本舞台観劇を増やしちゃったし、夜は友達のおうちに泊めてもらって手料理もふるまってもらっちゃったし、なんという贅沢な旅だろうか。

はー、体はくたくただけど、心は受け取った大事なものでほかほか。

好きなひとが頑張っている姿をこの目で見られて感じられるというのは幸せなことだなあ。

もらった幸せの分、私も日々をがんばらなくては。

 

 

感謝を忘れないようにメモっておく。

広告を非表示にする

東京はこんなにも遠い

 

舞台沼の人間なので、推しをもとめて

毎月のように夜行バスに乗って東京まで舞台見に行ってるんだけど

今週末は全国的に雪が降るようで、東京にたどり着けるかどうやらあやしい。

普段は寝て起きれば東京だからあまり意識してなかったけれど

日本地図を眺めて、この距離全部のどこかで大雪で積もっちゃったりしたら、東京にはたどり着けないのだとすると、東京って遠いのだなあと思った。

 

 

心と気合と愛とお金があれば距離なんて超えられると信じているけれど

さすがに自然には勝てないのだなあ。

と、なんだか苦笑するような、けれどいっそ晴れやかなような気持ちで

明日晴れますようにと子供のようにお祈りしてる。

 

 

日記をはじめることにした

ウズベキスタン日記: 空想料理の故郷へ

ウズベキスタン日記: 空想料理の故郷へ

 

 

朝ごはんの時間が遅かったので、昼ごはんまでの時間、高山なおみさんの「ウズベキスタン日記」を読んでいた。

行ったことのない土地。

お金をためたら行くことはできるかもしれないけれど、私はこの街に住む人には、この街に生まれ育ち生きている人には、どうやってもなれないんだなあと思ったら急にせつなくなってきて、

私は私としてしか生きられないのならば、せめて私をちゃんと生きようと思ったので、日記をはじめることにした。

 

昼ごはんは、かたくなっちゃった昨日のごはんに青梗菜とベーコン入りコンソメスープをぶっかけたものと、しゅうまいと、自家製ポン酢につけたきゅうり。

もらい物のかぼすがいっぱいあるので、しゅうまいにもかぼすをたっぷりかけた。