深い沼

たまにうそをつく日記

日記をはじめることにした

ウズベキスタン日記: 空想料理の故郷へ

ウズベキスタン日記: 空想料理の故郷へ

 

 

朝ごはんの時間が遅かったので、昼ごはんまでの時間、高山なおみさんの「ウズベキスタン日記」を読んでいた。

行ったことのない土地。

お金をためたら行くことはできるかもしれないけれど、私はこの街に住む人には、この街に生まれ育ち生きている人には、どうやってもなれないんだなあと思ったら急にせつなくなってきて、

私は私としてしか生きられないのならば、せめて私をちゃんと生きようと思ったので、日記をはじめることにした。

 

昼ごはんは、かたくなっちゃった昨日のごはんに青梗菜とベーコン入りコンソメスープをぶっかけたものと、しゅうまいと、自家製ポン酢につけたきゅうり。

もらい物のかぼすがいっぱいあるので、しゅうまいにもかぼすをたっぷりかけた。