深い沼

たまにうそをつく日記

正しさの奴隷にならないために

 

SNS文化だからなのか、人の間違いに不寛容であることをよく見かけるようになった。

今までも、まあみんなは好き勝手にこれは正しいこれは正しくないと話し合っていたのだろうけど、SNS文化だからそれがうっかり第三者の目に入ってしまって、炎上しているように見えている、のかもしれないけれど、

私にとってそんなに怒るほどのことでもないこと、に目くじら立てている人を見るのはやっぱり気持ちのいいことじゃない。

 

けど自分自身年齢もあるのか、正しくないなあと瞬発的に怒ってしまう瞬間はもちろんあるので(不倫とかには無性に不寛容な気持ちになる)人のふりを見た時にはきちんとわが身を顧みようと思った。

 

正しさの奴隷にならないために、

これからは何かに関西人のおじさんを一人住まわせたいと思う。

何かにつけ「かまへん」「かまへん」と、快活に言ってくれるおじさんひとり。

 

正しくなくても、それくらいならべつにいいよ。

変わってても別にいいよ。

そう言える私でありたい。