深い沼

たまにうそをつく日記

銭湯へ行ってきた

 

今月頭の旅行で温泉に入った気持ちよさが忘れられず、

とはいえ近くに温泉はないので、ものすごく近くにあるのに足を踏み入れたことがなかった銭湯に初めて行ってきた。

お風呂の成分はバスロマン。

ものすごく狭くて、古くて、いかにも昭和の銭湯といったたたずまい。

番台あるし、男湯と女湯をさえぎる壁は上のほうが開いてて声が聞こえるし

壁には絵が描いてあるし、昔のテレビドラマやコメディで良く見た風景。

昼開いてすぐに行ったけれど、すでにおばあちゃんたちで混みあっていて

みんなの憩いの場になっているんだろうなということが見て取れた。

大きなお風呂は好きだけど、熱いお風呂が苦手なので

シャワーで体洗って、15分ほどさっと浸かって出てきた。

それでもややのぼせた。

ドライヤーは一回10円。タオルは一枚20円。シャンプーとかリンスとかも置いてなかったから多分有料なんだろうな。そんなところまで昭和価格。

大きな温泉とは全然違うものだったけど、今減りゆく銭湯という場所を体感できてとてもよかった。

 

最初に行きたいなあと思って検索したら五軒でてきて、

でもそのうち3軒はここ数年でつぶれていた。

徒歩圏内にもう一軒残っているらしいので、今度また行ってみたい。

たった400円で味わえる非日常。楽しい時間でした。

 

広告を非表示にする